『バトルボーン』に新たなトレーニング モードが登場

12/13/16

次の投稿 // 『バトルボーン』ウィンター アップデート

12/13/16

『バトルボーン』ウィンター アップデートまであとわずか。今回のアップデートではまったく新しい2つのトレーニング モード、「侵入モード チュートリアル」と「道場」が追加されます。これらをプレイすれば、新人プレイヤーは『バトルボーン』でのPvPプレイの基本をおぼえることができますし、ベテランもいっそう腕に磨きをかけることができるでしょう。

この2つのトレーニング モードの内容をもう少し具体的に紹介するため、生みの親であるGearbox Softwareの開発スタッフ、スティーブン ノースカットに話を聞いてみました:

システムを改良してほしいというものでした。キャラクターのアビリティとヘリックスの選択、マッチ中の成長、各モードのルール、マッチ中の“経済”、そしてチーム戦略など、新しいプレイヤーが理解しなければならないことは沢山あります。プレイヤーが『バトルボーン』を隅々まで理解する助けとなるよう、私たちはプレイヤーがこのゲームの中でも特に大変な部分について学べる2つのトレーニング モードを導入しました。トレーニングでは、どんな結果に終わろうと問題ありません。『バトルボーン』をもっとうまくプレイできるようになるため、これらのモードでどんどん練習していただければと思います。

 

道場:

スキル、ヘリックスの組み合わせ、ギア ロードアウトなどを試してもらうことを目的とした、1人用のトレーニング モードです。「道場」ではすべてのキャラクターを自由に選べるので、アンロックするDLCキャラクターを決めるとき、このモードで事前に試してみるのもよいでしょう。

ロードアウトを選びます。その後、キャラクター レベル5で、シャード100,000とヘリックス ポイント5を持った状態でプレイが始まります。40秒ごとに出現する敵ミニオンたちは、ウェーブごとに手ごわくなっていきます。ミニオンを撃破するとマッチ内レベルがアップし、それにともなってより高度なヘリックスを選べるようになります。敵ミニオンたちはミンレックのグラインダーを目指し、部屋の一方の端からもう一方の端へ向かいます。敵ミニオンを倒すとポイントをゲット。ミニオンがグラインダーに飲み込まれると、逆に敵のスコアが増えます。なんとしてもグラインダーにたどり着かれる前にミニオンを倒し、敵のスコアが増えることを阻止しましょう。

XPは手に入りません。「道場」はプレイ全般の練習だけでなく、ベネディクトやカルダリアスといった特に機動力の高いキャラクターの動きやアビリティをマスターするのにもうってつけです。また、新しいギア ロードアウトをちょっと試してみたいとき、「道場」ならプレイをすぐに始めてすぐに終わせることができます。本番で使う前に、新しいヒーローとそのアビリティでの戦い方を「道場」でじっくり練習するのもよいでしょう。

 

チュートリアル:

「侵入モード チュートリアル」の目的は、対戦型マルチプレイヤー マッチの基礎についてより深く理解してもらうことです。プレイヤーの皆さんからの意見を参考にして作ったこのモードは、ウェーブの掃討、セントリーの撃破、ヘリックス ポイントの使用、構造物のアップグレード、ベースへの帰還など、PvPモードの基本的な仕組みに慣れるのにきっと役立つはずです。

モードは、ボット相手のオーソドックスなチュートリアルとはひと味違います。戦いの舞台となるのは、ユニークなミニ「侵入モード」マップです。プレイ中、ノヴァのホログラムがセントリーの役割やミニオンを敵陣に誘導する方法を説明してくれます。また、プレイヤーがゲームのさまざまな要素(構造物、シャード、etc)に近づいた場合にも、ノヴァがその機能を教えてくれます。このチュートリアルをプレイしてマッチの主な目標について知っておけば、実際に他のプレイヤーと対戦するとき、新人プレイヤーでもチーム戦略について考える余裕が生まれることでしょう。

チュートリアル」では、オスカー マイクのボットが敵として登場します。難易度は低く、プレイヤーは自分だけです。その後はメニューの選択肢が増え、最大3名のプレイヤーと何度もプレイできるようになり、マッチメイク機能を使ってチームメイトを見つけることも可能になります。このチュートリアルのプレイはそれほど大変ではありませんが、クリアするたびに少しだけXPが手に入ります。

関連する投稿