最後の星を守るため、さらなるバッドアスが『バトルボーン』に参戦

2/3/16

次の投稿 // The Planet Ekkunar: Homeworld of the Eldrid

2/3/16

簡単に振り返っておこう。25人いる『バトルボーン』のプレイアブルなヒーローたちのうち、これまでに紹介したバッドアスは18人。斧使いのドワーフ、機関砲を構えた大男、心を持つキノコ、レーザーブレードを振るう宇宙のヴァンパイア… そうそう、ロボットスーツを操縦するペンギンなんてのもいる。彼らの目的はただ1つ。宇宙最後の星を守ることだ。

今日はさらに2人のバトルボーン、アティカスとガリレアを紹介しよう。恐るべき怪物となって暴れ回ることが望みなら、きっとこの2人は待望のキャラクターということになるだろう(タイプはまったく異なるが)。ソロ、分割画面、ストーリー モードでの5人協力プレイ、仲間とチームを組んでプレイする3種類のマルチプレイヤー モードなど、『バトルボーン』の楽しみ方はいろいろあるが、ぜひこの記事を読んで、2人のポテンシャルをフルに発揮させる方法を学んでほしい。

アティカス

ジェネリット帝国の最底辺に置かれ、過酷な肉体労働への従事を強いられてきた種族、スロール。アティカスもかつてはその1人として、テンペスト深くに広がる坑道にもぐり、言われるままに働く日々を送っていた。しかし、肉体改造の実験体となったことで、アティカスは生来の怪力に加え、ジェネリットが予想すらしていなかったもの、すなわち高度な知性を手に入れる。たしかに武器を手にした巨大なケダモノは圧制者にとって危険な存在だ。しかし、それ以上に危険なのは、武器を手にした狡猾なケダモノだ。

メイン攻撃:

R1 – ベアフィスト ブローリング– 普通に殴っただけでもアティカスの拳は破壊力抜群だが、フルにチャージしたときの威力には目を見張るものがある。強化された拳の一撃によってシールドが削られていく様子は、まさにド迫力だ。

L1 – チャージ フック – 数秒のタメの後に繰り出される必殺パンチ。顔面に食らったら、ピヨピヨ状態まちがいなし。

アビリティ:

L1 – パウンス- 図体がデカいからといって動きが鈍いとは限らない。アティカスは狙った場所にジャンプし、敵を弾き飛ばすことができる。

R1 – ヘドロニック アーク - 近づいてきた敵を感電させること。それがアティカスの体に移植された金属の腕に秘められた力だ。

△ – ヘドロニック エラプション – アティカスの究極技。エネルギー波を放ち、行く手をふさぐ敵をなぎ払う。

ヘドロニック コレクター – 移植された腕がもたらした副次的な効果として、アティカスは倒した敵からエネルギーを吸い取るという受動的アビリティを身につけている。十分なエネルギーを蓄えた後は、それを放出することにより、次に使うスキルの効果を高めることができるのだ。

対アティカス必勝法:接近戦は避けること。スタン、スロー、射撃などが有効。とにかく、アティカスの腕が届く範囲に近寄るのは厳禁だ!

ブリスの幻影、ガリレア

ジェネリット帝国のテクノロジーを破壊することを使命とするエルドリッドの聖なる騎士団、〈存在の調停者〉。ガリレアはその中でも特に将来を嘱望されている戦士だった。長期におよぶ潜入作戦を命じられた彼女は、ジェネリット帝国に潜入し、〈沈黙の聖姉妹〉の一員となることに成功する。しかし、ようやく〈不死化〉装置を破壊できる段階に達したとき、アンブラに正体を見破られ、重傷を負わされてしまう。かつての親友を死なせるに忍びなかったアンブラは、〈不死化〉によってガリレアを救おうとするが、その試みは完全には成功せず、ガリレアは不死身ではあるが不安定な、生命力を吸い取る闇の力にまみれた存在となってしまう。今、新たな目的が見つかることを期待してピースキーパーに身を投じたガリレアは、自分自身と、そして望まずして得た新たな力と戦っている。

ヘドロニック コレクター – 移植された腕がもたらした副次的な効果として、アティカスは倒した敵からエネルギーを吸い取るという受動的アビリティを身につけている。十分なエネルギーを蓄えた後は、それを放出することにより、次に使うスキルの効果を高めることができるのだ。

メイン攻撃:

RT – 幻影のグレートソード - エルドリッドの聖なる戦士としては穢れてしまった彼女だが、接近戦での技の冴えはいまだ衰えてはいない。

LT – センチネルのグレートシールド – ガリレアが戦いの渦中に身を投じ、敵をその目でしっかと見据えるとき、攻撃をそらし、仲間を守る上で、彼女の盾ほど頼りになるものはない。

アビリティ:

L1 – シールド スロー – ガリレアのシールドには攻撃を防ぐ以外の使い方もある。敵に投げつけ、ダメージを与えることもできるのだ。言っておくが、○プテン ○メリカのパクリじゃないぞ!

R1 – デスクレイト – 斬り合う準備はいつだってできている。敵の足元の地面に呪いをかけ、ダメージを増幅させるのがガリレアの得意技だ。

△ – アビス フォーム – いわば自分だけ「待った」をかけるようなもの。自らを闇のエネルギーに変え、戦闘から抜けだしたり、物陰に隠れたりするのが、ガリレアの究極技だ。この状態のガリレアは、受けるダメージが減り、ライフが大幅に回復する。

コラプション – 攻撃やスキルの使用を重ねるほど、コラプションは高まっていく。チャージが完了すると、ガリレアからオーラが放たれ始め、近くにいる敵はライフを吸い取られる。

対ガリレア必勝法:近づかず、シールドでブロックされないよう背後から攻撃すること。また、常に動き回らせ、デスクレイトやコラプションで守りを固められないようにしよう。

 

『バトルボーン』公開ベータ アップデート:特典

刃を研げ。魔法の準備も怠るな。PS4、PC、Xbox Oneを対象に、『バトルボーン』のオープンベータを年度内に実施!

関連する投稿