ラブリーなトビーに震撼せよ

12/5/15

次の投稿 // ブログ - PlayStation®Experienceでの発表内容

12/5/15

自殺願望があるけれど、忙しすぎてくたばってる暇がない。そんな時はトビーを見つけて「カワイイね」と一声かければ問題解決。フワフワの羽毛をなでる暇もあればこそ、ブチ切れたトビーに瞬殺されること間違いなし。

この新登場のバトルボーン ヒーローは、見た目こそ重武装の戦闘メカに乗り込んだキュートなペンギンですが、その正体は― なんたることか、「見たまんま」なのです! ああ、カワイイ… おっと、うっかり頭の中がからっぽになってしまった。何の話でしたっけ? そうそう、トビーのことでした! トビーは天才エンジニアですが、仲間からは軽んじられがちです。だって、思わずムギュってしたくなるくらいラブリーなんだから、しょうがないじゃないですか…

失敬失敬。でもまあ、これがトビーにとっては大問題なわけです。戦場でのトビーの暴れっぷりときたら、それはもう凄まじいものですが、いつもどこかオドオドしているちっちゃなペンギンの姿が、見る者にそのことをつい忘れさせてしまうのです。

生まれ故郷の惑星メネック B で暮らしていた頃のトビーは、自分よりマッチョな仲間たちのために、自分で設計した強力な武器を黙々と造っていました。やがて故郷がヴァレルシの手に落ちると、トビーは自らも武器を手にし、屍山血河を築いて一矢を報いよう、同じくメネック B を脱出したベネディクトに倣って、ピースキーパーへの入隊を志願します。しかし、ベネディクトが指し示されたのが兵器庫の扉だったのに対し、トビーが指し示されたのは出口の扉でした。この時、トビーの中で何かが音を立てて切れます。プチっと。自分は裏方として頑張ってきたのに、もてはやされるのはベネディクトのような奴ばかりなのか? なんで自分は戦うことさえ認めてもらえないんだ?

いつもなら言い分を箇条書きにして、ピースキーパー上層部に書簡として提出するところですが、このときのトビーの行動は違っていました。彼は怒り、悪態をつきました。口汚く、徹底的に! するとどうでしょう、スカっとしたのです!

ピースキーパーが自分を要らないっていうのなら、こっちからお断りだ。きっと自分を必要とする誰かがいるはずさ。かくしてトビーはローグの一員になりました。トビーはとんでもない破壊魔で、そのヤバさは折り紙付き。戦場では自慢の歩行戦車、「バーグ」を駆って暴れ回ります。まったく、あんなにカワイイのに! え、しつこい? じゃあ、トビーの話はこれくらいにして、彼が敵を叩きのめすのに使う武器を紹介しましょう。

レールガン

磁力によって射出され、音速で飛ぶ砲弾は、「オタクをぶっ殺しちゃうけどホントにごめん」と言わんばかりの凶悪さ。

エネルギー シールド

自分と敵弾の間にバリアーを発生させ… ついでにパワーアップもしてくれる優れもの。

アーク マイン

バーグのアーム キャノンから発射されるアーク マインは、あらゆる物の表面に吸着し、ノコノコと近づいてきたボケナスに強烈な一撃を食らわせます。

レールガン バラージュ

フルパワーの時はバーグを地面に固定し、一斉砲撃を行うことが可能。砲門を敵に向け、狙いを定め、発射。「ごめんよ!」と謝ったら、また最初から繰り返しです。

自爆シーケンス

やられるのは面白くないものですが、トビーはただではやられません。大爆発で敵も道連れにするのがトビー流。本当はトビーだってそんなことはしたくないんですよ? いや、本当に!

バトルボーンには最初から25人のヒーローが収録されていますが、トビーは16番目に紹介するヒーローということになります。まだ公開されていない9人はどんなヒーローか? それはもう、もっと変わっていて、もっとユニークで、もっとヤバい奴らばかりです! Facebook、Twitter、Instagram、YouTubeでぜひバトルボーンをフォローして、最新の動向をフォローしてください。このバトルボーン ニュース ブログもどうぞお見逃しなく。

関連する投稿