デトリタス リング:ローグの隠れ家

7/17/17

次の投稿 // バトルボーンのローグたち

7/17/17

デトリタス リングでの暮らし

広大な宇宙 - まあ、かなり縮んでしまっているが - の中でもデトリタス リングほど隠れるのに適した場所はない。

命あるすべての者たちがソーラス星系に集まってくる以前、鉱石の採掘で生計を立てているわずかな者しかいないこの岩礁帯は、人目を避けたい者にとって格好の場所だった。現在のデトリタス リングには、アステロイド以外にも、遺棄された宇宙船やデブリが大量に浮かんでいる。おかげで隠れる場所に事欠かず、ローグにとってはうってつけの本拠地となっている。

デトリタス リングのことを、「ならず者や犯罪者、他人をあてにしないはぐれ者が暮らす掃きだめ」と言う者もいるかもしれない。だが、その言葉を鵜呑みにするのはちょっと待ってほしい。

 

申し分のない隠れ場所

宇宙で最後に生き残った人々が、たった1つの恒星の周囲に集まったら、どんなことになるだろう? 単に星系が過密状態になるだけではすまない。どの集団にも馴染めず、どこか別の場所へ行くしかない者たちが必ず現れるものなのだ。そうした者たちにとって、デトリタス リングは、まさに安住の地なのである。

小さな衛星に匹敵する巨大アステロイドが無数に存在するデトリタス リングには、大型艦艇の残骸から月面基地並の入植船まで、あらゆる物が漂っている。もともとここには鉱脈探しを生業とする山師や宇宙船の墓場から得た回収品を金に換えるサルベージ業者などがいたが、各勢力からはじき出された者にとってもここが申し分のない隠れ場所になるのに、それほど長い時間はかからなかった。

一匹狼たちの群れ

ローグとは何か? あえて定義するなら、似たような考えを持つ無法者たちの緩やかな連合体、ということになるだろう。自由を守り、自分の生き方を貫くことだけを目的とした、山師やサルベージ業者、盗賊、世捨て人の寄り集まり、それがローグなのだ。

デトリタス リングには、テラフォーミングされた大型アステロイドが数多く存在するが、中でも以下に挙げる居留地や隠れ家は規模が大きく、注目に値する:

ブラクソン III 岩塊 は大型の岩塊に築かれた大規模な採掘基地だ。ここではロボットの生産に欠かせない鉱石が採掘されており、ミニオン ロボット社(ひいては LLC)もこの入植地の防衛に出資している。この入植地の経済は活況を呈しており、名うてのローグの多くが、LLC の富をあの手この手でかすめ取ろうと、頻繁にここを訪れている。

フォーチュンズ フェイヴァー はレイナが指揮する超巨大船で、いざという時にはローグ艦隊の旗艦となる。U.P.R. の弩級戦艦を修理、改装したこの船は、デトリタス リングの闇にひそんでいることが多い。

ハッピー ロリアンはサンフォード  LV 岩塊 にあるブラックマーケットを兼ねた酒場で、オレンジ色の肌と多くの手足を持つ種族、ロリアンが中心となって運営している。ハッピー ロリアンをはじめとして、この岩塊にある同様の店は、手に入れるのが難しい品を調達したり、太古の稀少な品の... ふむ、何と言ったものだろう... そう、「保有者」と接触したりするのに、ソーラス星系で一番の場所と言われている。

ローグに属するバトルボーン

まだ発表されていないローグのバトルボーンが2人いる。続報を待て!

 ローグ と デザイン コンセプト についてもっと詳しく知ろう!

関連する投稿