6/23/16

 

先週、次なるコミュニティー イベントについてちょっと予告しましたが、今週の土曜日(6月25日)、「開発スタッフとプレイしよう」と題したイベントを初開催することが決定しました! 当日はほとんど一日中、Gearbox社開発スタッフのプレイの様子が中継される予定です。中継担当のストリーマーと中継されるスタッフ、そして中継時間は以下のようになっています:

 

  • EdeMonsterによるブライアン トーマス(デザイン ディレクター)とショーン エイハーン(マーケティング アーティスト)の中継
  • Ven0mkisserによるリリス ニューマン(VFXプロデューサー)とグラント カオ(デザイナー)の中継
  • DeeJayKnightによるランディー ヴァーネル(クリエイティブ ディレクター)とニコラス ウィルソン(VFXリード)の中継 
  • Stealth Shampooによるジョー キング(コミュニティー マネージャー)の中継
  • SuperBadJuJuによるアンソニー ニコルソン(アソシエイト プロデューサー)の中継

 

これらの中継を通じて開発スタッフのプレイを観戦するだけでなく、彼らと一緒にプレイすることもできるかもしれません! 午後2時から午後8時までの間、さまざまなGearbox社員が『バトルボーン』をプレイし、コミュニティーと交流します。役職が表示されているプレイヤーがロビーにいたら、それはGearboxの開発スタッフです。

ロビーで開発スタッフをみつけたら、「ハーイ!」と声をかけてくださいね!

 

さて、もう少しマジメな話です。開発スタッフとプレイできるのはたしかにクールな体験ですが、実際に何か得をするのでしょうか? あります。それも2つ! まず、「開発スタッフとプレイしよう」の開催記念として、金曜日から月曜日まで獲得通貨が2倍になります。つまり、戦利品パックを短期間で手に入れられるようになり、ペンドルスをアンロックするための貯金も早い段階から始められるわけです! さらに土曜日の午前中には、Twitterの『バトルボーン』アカウント(@Battleborn)と Facebook のページで、2種類のスキン – オスカー マイクの「タンゴ タンゴ」(ゴールド)スキンとラースの「ダーク ナイト」(サイバー)スキン – のSHiFTコードを公開します。このSHiFTコードを利用できる期間はごく短いので、TwitterやFacebookで『バトルボーン』をフォローし、SHiFTコードと公開時間に関する最新情報を見逃さないようにしてください。なお、これらのイベントの詳細は、こちらの記事 でご確認いただけます。

 

今週のホットフィックスでは、調整が必要と判断したいくつかのギアを一時的に無効化しました。先週も書いたように、誰にとっても公平なプレイ環境を提供することを私たちは重視しており、予想外の性能を発揮するギアがあった場合には、問題解決まで一時的にそのギアを無効化するのが責任ある公正な対処だと考えています。これらのギアを再び使えるようになる時期については、わかりしだい皆さんにお知らせします。いつもと同じく、ホットフィックスは木曜日の正午(太平洋時間)または午後3時(東部時間)から有効になります。

  • 「不死者の誓約」によるライフスティールのパーセンテージを下げました。
  • PvPマップのキャラクター選択時間を90秒に変更しました。
  • 以下のギアを一時的に無効化しました:
    • ロリアン パース カッター
    • ヴィジランス リンク
    • ワン4オール シールド アレイ

 

今週のコミュニティー スポットライトで紹介するのは、豊富な経験を持ち、誰からも愛されているGearboxのフォーラム モデレーター、Psychichazardです。Psychichazardはフォーラム モデレーターの1人として長く(それこそ何年も)活躍しつづけており、彼らのような人物がコミュニティーを未来に導く手助けをしてくれていることに、私たちは心から感謝しています。“Gearboxフォーラムのマルキ”と呼ばれることもある彼に興味を持ったなら、GearboxフォーラムのCommunity Badass featureをぜひどうぞ。

 

5つのDLCパックと4人の新ヒーローをはじめとして、新しいマップ、モード、コミュニティーから要望があった機能など、現在、さまざまなコンテンツの開発が進められています。これから数か月は話題に事欠かないでしょう。すでに概要を発表できる段階に達しているものもいくつかあります。近日登場予定のコンテンツをいくつか紹介しましょう:

  • 新しいPvPマップ:新作マップがついに登場です! 3種類の追加マップがこれから2週間以内に発表されます。
  • 対戦マッチメイクの変更:来週、マッチメイク システムの新たな反復処理を公開、導入します。この変更は、あらゆるプレイヤーにとってマッチメイクをより洗練されたものにすることを意図しています。詳細は『バトルボーン』ニュース ブログで発表しますので、どうぞお見逃しなく。
  • ブロードキャスター モード:皆さんから要望があり、私たちとしても実装したいと以前から考えていたモードです。この機能を使えば、サードパーソンの視点をコントロールしながらマッチをストリーミング配信することができます。ブロードキャスター モードは、できれば来月には導入したいと考えています。
  • インゲーム報告機能:私たちにとって大切なのは、すべてのプレイヤーに可能なかぎり最高の『バトルボーン』体験をお届けすることです。チートをしたり、他のプレイヤーのプレイを邪魔したりするプレイヤーは、それを台無しにします。そこで、チートの疑いがあるプレイヤーやデタラメをしているプレイヤー、プレイ全体を台無しにしているプレイヤーなどにフラグをつけられるようにする、インゲーム報告機能の準備を進めています。この機能については、7月に予定されている次回の大規模パッチ アップデートでの実装を目指しています。

関連する投稿