デザインに漂う傲慢さ:ラスト ライト コンソーティアム

7/29/17

次の投稿 // 『バトルボーン』発売後の追加コンテンツについての構想

7/29/17

戦いを食い物にする豪商たち。『バトルボーン』の勢力の1つであるラスト ライト コンソーティアム(LLC)は、金儲けのためならいくらでも非情に徹することのできる正真正銘の守銭奴だ。たとえ宇宙の滅亡が目前に迫っても、そのポリシーは揺るがない。LLC  では、人か AI か両者が混ざり合ったサイボーグかを問わず、誰もが豪奢な装いをまとっている。途方もない金持ちである彼らは、その富を誇示することに熱心で、服から兵器に至るまで、ありとあらゆるものをやり過ぎなくらい飾り立てることを好むのだ。

今回も『バトルボーン』のクリエイティブ ディレクター、ランディー ヴァーネルに、ラスト ライト コンソーティアムのデザインに関する裏話を聞かせてもらおう。

 

LLC のデザインは何からインスピレーションを得たんだい?

ジェネリットは「ゴシック風のトロン」っていうイメージからスタートしたんだけど、LLC の最初のコンセプトは言ってみれば「スチームパンクなトロン」かな。気の利いたハイテク アイテムを作るスタイリッシュな勢力にしたかったんだけど、常識はずれの金持ちっていう設定だから、服から武器にいたるまで、すべてをロコロ様式とヴィトクトリア様式を足して2で割ったようなビジュアルにしたんだ。フリルで飾られた古風なドレスや黄金の浮彫と小粋でエレガントなハイテク装備の組み合わせは、洒落た感じとちょっと浮世離れした感じがうまく同居したデザインになっていると思うよ。

LLC 最大の特徴は?

近寄りがたさ、身だしなみの良さ、ロボットっぽさ、だね。それと、どの勢力もドローンを戦場に送り出す時にはピカピカに磨き上げようとするだろうけど、LLC はそういう無駄なことをしない唯ひとつの勢力でもあるんだ。そりゃ LLC だって宇宙を守れるなら守りたいと思っているけど、華々しい最期が避けられないのなら、最後の決選をペイパービューでライブ中継して一儲けしようと考えるのが LLC なのさ。

LLC のキャラクターは誰もがヴィクトリア時代風の衣装や装備を身につけ、そこには高度なテクノロジーが用いられている。テクノロジーを何らかの形で取り込んでいる点も共通だし、中には体そのものが機械でできているキャラクターもいる。

そして何より、どんなに親しみやすくても、LLC のキャラクターからは「住む世界が違う」、「格が違う」、「金銭感覚が違う」と感じさせる雰囲気がにじみ出ているんだ。服についた埃を払う使用人がいつも付き従っているとか、貧乏人を一掃した方が宇宙はより良い場所になるって思想がファームウェアに刷り込まれているとか、ね。

LLC  の能力について教えてくれるかい?

シールドさ! とにかくシールドにつきるよ! LLC のキャラクターは、ほぼ全員がシールドに関係する能力を備えている。テクノロジーによるひとヒネリが効いたやつをね。内容はさまざまで、仲間のシールドを強化する固有能力を持つキャラクターもいれば、強力な火力で敵のシールドを瞬く間に削って無防備にしてしまうキャラクターもいる。

それと、LLC はどんな時でも金儲けのチャンスを見逃さないけど、戦いを有利に導いてくれる優れたギアの調達役でもあるんだ。タレットやサプライ ステーションのような戦術的構造物と組み合わせて使えるギアだってある。タレットの建設コストを安くあげたい? LLC のギアの出番だね。サプライ ステーションやアクセラレーターの建設時のライフを増やしたい? LLC のギアの出番だよ。手に入るシャードを増やして、より高価なギアを起動したりより多くの構造物を築きたい? やっぱり LLC のギアの出番だ。LLC の一員になれば、ゲームの中の「経済」をちょっと変わったやり方で操れるってわけさ!

LLC に属するバトルボーン

関連する投稿