ミコ

エルドリッド


惑星ほどの大きさがあったキノコ型生物のコロニーの最後の生き残りであるミコは、優しい心と優れた技術を持つヒーラーとして広く知られている。現在の彼女は戦う植物学者といった風情で、救えるものはすべて救い、救いようのないものにはクナイを放つことに時間の大半を費やしている。

コンバット
ヒーラー
イージー

コンバット・ボタニー

毒を塗ったクナイを次から次へと投げるのがミコのメイン攻撃だ。一方、サブ攻撃では、ヒーリングビームを放って仲間のライフを回復させることができる。

ミコロプリア

天性の頑健さ、短時間で回復するライフ、素早い移動速度など、ミコは環境に適応して生き延びるための進化を遂げている。

クラウド・オブ・スポア

当たると爆発する胞子の袋を投げつけ、139-187ダメージを与える。また、爆発後には4秒にわたって胞子の煙が残り、足を踏み入れた敵はすべてスロー状態になる。

バイオシンセシス

5秒間でミコのライフが260-350回復する。その間はミコのヒーリング ビームの効果が35%アップする。

ファンガス・アマング・アス

キノコを投げ、45秒持続する効果エリアを形成する。この中にいる味方は1秒ごとにライフが83-150回復する。ただし効果エリアは敵の攻撃によって破壊されることがある。

モールキュラー・マイコロジー

クナイが当たった敵は体に毒が回り、2秒間で50-68ダメージをこうむる。
{{BattlebornController.$selectedMedia.title}}

ファースト・レスポンダー

バイオシンセシスの発動中にヒーリングビームで仲間を回復させるとミコの移動速度が30%アップする。

リジェネレーション・オーラ

バイオシンセシスの時間とともにライフが回復する効果が近くにいる仲間にもおよぶ。

エボリューショナリー・エマージェンス

すべてのスキルのクールダウン時間が15%短くなる。

トレイル・オブ・スポア

クラウド・オブ・スポアの胞子がターゲットまでのルート上にも落ち、より広い範囲に効果をおよぼす。

トキシック・トランスフュージョン

モールキュラー・マイコロジーによって敵に与えたダメージの一部がミコのライフになる(ライフ・スティール+20%)。

プロバイオティクス

バイオセンシスのあらゆる回復効果が15%アップする。

ファイト・オア・フライト

ダメージをこうむると、一時的に移動速度が30%アップする。

バイオシナジー

ヒーリングビームを仲間に使うことでバイオシンセシスのクールダウン時間が30%短くなり、より頻繁に使えるようになる。

スポア・ストーム

クラウド・オブ・スポアの効果エリアが広がる。

バークスキン

ファンガス・アマング・アスが耐えられるダメージが214ポイント増える。

ブリーズ・ディープ

クラウド・オブ・スポアのスロー効果が100%アップする。

ヒール・ユアセルフ

バイオシンセシスの発動中にヒーリングビームで仲間を回復させるとミコ自身も回復する。

スウィフト・ドロー

クナイのリロード速度が50%アップする。

スポアショック

クラウド・オブ・スポアが敵に直撃すると、効果エリア内にいるすべての敵がスロー状態になるかわりに、直撃された敵がスタン状態になる。

パンデミック

モールキュラー・マイコロジーの毒の効果が近くにる敵にもおよぶ。

スポア・ストライク

クラウド・オブ・スポアの命中によるダメージが15%アップする。

ブレードスリンガー

クナイを投げる速度が20%アップする。

ヒーリング・プロウェス

バイオシンセシスの効果時間が5秒延びる。

レジリエント・ストレイン

爆発後にクラウド・オブ・スポアがその場にとどまる時間が6秒延びる。

ヴィシャス・ストレイン

ファンガス・アマング・アスの効果エリアにいる敵に1秒あたり+78ダメージを与える。
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
バトルボーンに戻る